雲の向こうはいつも青空

数ヶ月ぶりに帰省していた子供たち。

あぁこの子たちの為に頑張らなければと思った新年。

下の子が帰り、上の子が帰って、また主人と二人の生活になりました。

その晩、理由はわからないけれども主人は物凄くイライラしていて、リビングで何かものにあたっている様子。

無理に重たいテーブルを引いて動かしてみたり、食器棚の戸をバタンと大きな音を立てて締めている。

とても怖くなってしまい、自室に鍵をかけて、まだ9時だというのに電気を消してベッドに潜り込んだ孤独を感じた夜

幼少期のトラウマで、私はこういうのがとても苦手。


翌朝、彼の夢を見て目が覚めました。

彼のオフィス近くのカフェで彼とお茶をしている、とっても幸せな夢。


メールで初夢の内容を事細かに書いて伝えると、数日後私の夢を彼も見たとメールが来ました。

正確には私の主人の夢。

しかもあまりいいとは言えない内容でした。

彼は私の主人をやはり気にしているのかな...

夢の内容といい...なんとなく返信が出来なくなってしまいました。

いつもでしたら明るく返信するのですけども。

それに加え色々あった年末年始の家庭内のこと、新年早々ハードな仕事で既にクタクタな自分の事までメールに書いてしまいそうでしたから。


彼は私の異変に気付いたようで「電話しよう。いつがいい?今日の○時、明日の○時か○時、さとの都合のいい時に。またね〜。」


こういう時 いつも不思議。

私のこと、近くで見てるの?と本気で聞きたくなるような...彼に伝わってしまうかんじ。タイミング。

泣きたくなるような優しい時間の三択。

そして、何年もメールしてきて、初めて「またね」のあとに「〜」が付いた。

クス 笑

会社や家庭でまず笑うことなんてないだろう、歩く真面目な超合金のような彼の「またね〜。」

ツボに入り、それだけで私は元気になりました。


そして、一番早い○時に電話。

照れていつももじもじしながら掛けてしまう。

「あけましておめでとう。今年もよろしくお願いします。」と二人で同時に言い合えて、胸いっぱい幸せ。

私は今が一番幸せかも。

繋がっていられる幸せ。

彼の心が感じられる幸せ。

彼さん いつもありがとう。

私もずっと応援している。


いつも優しい気持ちでいたいです。

calm sea

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。



高校生の頃から毎年お正月は、大好きなユーミンのこの曲が頭の中でリピートして流れます。


A Happy New Year!

大好きなあなたの部屋まで

凍る街路樹ぬけて急ぎましょう

今年も最初に会う人が

あなたであるように はやく はやく


A Happy New Year!

新しいキスを下さい

そして鐘の音 通りにあふれて

今年も沢山いいことが

あなたにあるように いつも いつも


A Happy New Year!

今日の日は ああどこから来るの

陽気な人ごみにまぎれて消えるの

こうしてもうひとつ年をとり

あなたを愛したい ずっと ずっと


今年も沢山いいことが

あなたにあるように いつも いつも











一年の一番最後のメールも、一年の最初のメールも今年も彼だった5度目の年越し。



日付けが新年に変わる頃

「さとは心の支えです。」とありました。泣


一年のほとんどが文字だけのやり取りです。

想いが募り過ぎて、泣いたり笑ったり忙しい私ですが、今年はもっと深く彼に寄り添いたいです。


拙いブログですが、いつも読んで下さってありがとうございます。

冬至も過ぎ 年の瀬。

12月29日...

平成最後の年の瀬...

とても感慨深いものがあります...


昭和が平成に変わった日のこと

今でも鮮明に覚えています。

ものすごく寒い曇りの日

私はまだ大学生でバイト帰り、

年号が平成に決まったという新聞の号外を駅の近くでもらって...

ピンとこない「平成」という文字...

「号外!号外!」と叫びながら号外を無料で配布する人たち...

生まれて初めてもらう号外...



それから、卒業、入社、

入社した年の晩夏に彼と出会って、

やがて別の人(いまの主人)と結婚、寿退社、出産...


子育てが落ち着いた頃、ある日突然彼が遠路私を訪ねてきました。。。


そこから私たちははじまりました。


何もかもがお互い初めてのことでした。


逢えるのも年数回。

ツールのメールは未だにお互い敬語使い。。

彼は...今年の初夏、お母様に何となく私の存在をぼかして話したのだそうです。。。

彼のお母様、悲鳴をあげてたのですって。

それはそうですよ。分かります。

でもそんなこと、私に言わないで欲しかった。


でも、

彼が大好き。

ただ、それだけなのです。。。


当たり前のことですが、このカテゴリーですので書けないことが沢山あります。


読んでくださって

ありがとうございます。

感謝しています。


そして、彼へ。

いつもありがとう。



皆さま 良いお年をお迎えください。







....................,..........................................

....

追記です。


上記の記事は忘年会帰りで深酒して書いており、書き足りないことが沢山あります。もう一つ記事を新たに書こうかとも思いましたが、もう年の瀬のご挨拶もしておりますし、このような形で失礼いたします。




前記事三連休のち、主人も出張先から沢山のお土産を抱えて帰宅しました。

そして続いて子供たちも帰省。

一年色々なことがありましたが、大病もせず健康で過ごせること有難いなと思います。

今年は長年可愛がっていたペットが虹の橋を渡り、しばらくはペットロス、さらには新年度から仕事が二倍に増え体力勝負の毎日。高ストレス状態で心身少し辛い日々でした。

春から取り組んでいた仕事が秋にひと段落し、私も落ち着き、一つ一つ体制を立て直しています。春になれば、また仕事も一つになりますので、もう一踏ん張りです。

そのようななか、支えてくれた彼、そしてブログの存在にどれだけ助けられたかわかりません。本当にありがとうございました。

また気になるお友達も幾人かおりまして、穏やかに新年を迎えられますように心から願っています。大晦日に。さと