クールダウン

逢瀬後彼からのメールは激減しました。

そんな彼に合わせて私もそれほどメールをしなかった。

彼からのメールが減ったのは仕事等に忙殺されているから...だと思っていました。

そんななか、事情があって来月実家に数日帰省することになり、

彼に逢える!と喜んでメールするも、

いつもならこんなメールにはすぐ返信くれるはずなのに、

それがなかった...

ショックでした

返事が来たのは翌日昼過ぎ...

そこには逢えるねと喜ぶ言葉はありましたが、

とってつけたようなうわべだけの言葉に見えてしまった...

それからそのことには触れず

ぽつりぽつりと他愛もないメールが続く。


そんなある朝、出張の彼から「今日は○○泊」とメールが。

こういう時は、今日は○○に出張で泊まります。夜電話大丈夫だよ。かけて...の意味

私たちは彼が出張で泊まっている夜にしかほとんど電話しないから...

いつもでしたら飛び上がって喜ぶメールなのに、どうしたことか私の心は全く躍らなかった。

さと心の声...出張で夜電話したいのなら、きちんとそれを言葉にして私に伝えて欲しい...

ですが彼にそんなことが急に出来るはずもなく、私もあえて出張には触れず...身体に気を付けてお仕事頑張ってねと返信するにとどまった。

彼はきっと、私が急用で帰省している間の逢瀬の相談をしたかったに違いない...です。

それがわかっていながら、はじめて伝えた時の返事が遅かったことがやっぱり気になり、

実は本当は喜んで彼はいないんじゃないだろうかと思えてきました。

当初の予定では私たちが次に逢えるのは一年後でしたから...

拍子抜けしたのか...

本当のところはわかりません。


確かなのは...今メールがぎくしゃくしているということ...


こんな時は...逢瀬中に正直これは嫌だなと...彼に関して思ったことまで掘り起こして輪をかけてそれが嫌になり...

きっとぎくしゃくしていなければ、それに軽く蓋をして流せたはずですのに、今は全部あれもこれもひっくるめて嫌になってきました。

こんな気持ちで逢っても仕方ありませんので、とりあえずこちらの事情で申し訳ないけれど帰省しても家庭行事がぎっしりで逢えそうもないと...やんわり彼には伝えました。


まだ返事はありません。


ぎくしゃくしたまま、このままフェードアウトしてゆくのか...お互い歩み寄り元の鞘に収まるのか...わかりません。

お互いに忙殺されていて心に余裕がないのかもですが、

今後どうなることやら...

新緑の季節が小休止とリセットになりそうです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。