satoのブログ

bitter sweetな日々

胸がきゅん...

彼に久しぶりに逢えて嬉しかったことの反動で...

物凄く、今、彼が恋しく...寂しさに押しつぶされそうになっています。

新年度に入りすぐ休暇を取りましたので、その分、いま、受け持っている仕事が忙しいことが救いではありますけれど、

頭のどこか片隅に常に彼がいます。


子供達の入学式も引越しもなんとか済ませ、主人と二人の生活も始まりました。

仲は悪くはありませんが...心はとうの昔に離れており...ただ身体は離れておらず...非常にそこは辛い。

...そのような感じです。

でも、子供達のこと、彼とのことを考えますと、

兎に角家庭内が安定しているに越したことはありませんので、主人とのそういうことも我慢なのかなと思っています。



。。。前記事の続きも書き残したいですが...

逢瀬で彼は充電出来、満たされたのか

、その後、数日メールもなく...

私は充電など、とっくのとうに切れていましたので、寂しさに押しつぶされそうになり一番メールが欲しかった時に彼から連絡がないことで...

別れのメールばかり下書きしていました。

今朝までずっと。苦笑

ですが、彼にそんなメールを出しても、出した途端に後悔するのは目に見えていましたから、ぐっと堪え...

アルコールや食事に反動が...いけませんね。弱すぎ⤵︎⤵︎

でも彼に別れのメールを送らずに済んで良かった。

今日、彼から胸がきゅんとするようなメールがきたのです。




「ちょっと前のメールに、メールの題に♡つけたのが嬉しかったと書いてあったね。意外なところで嬉しいと感じるんだなと思った。俺はいつもと違うことで何が嬉しかったかなと考えた。

○曜日の夜にさとが一緒にお風呂に入ろうと言ったことと、○○のエスカレーターで俺のおしりを触った事かな(^_^)。意外?」


(私は少し前にメールでこんなことを彼に書いていました。

「○○(彼の名前)が先日のメール題目に♡を付けてくれたのが死ぬほど嬉しかったです。楽し過ぎた分寂しいけれど日々の生活を頑張らなくてはね。またお会い出来る日を楽しみにしています。」)


たぶん...職場でも家庭でも難しい顔して、笑うこともないだろう彼...です。

可愛いくて、

もうノックダウン。。


好き負けです。


彼に逢える日を想って、身辺整えてゆっくりマイペースでゆきます。


取り留めない文ですみません。

いつも読んでくださりありがとうございます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。