satoのブログ

婚外恋愛

good times & bad times

心穏やかに、過ごせてはいるものの


もう二カ月近く逢えておらず...


昨年ねだってもらった彼の脱いだアンダーシャツをこっそり枕元に置いて寝るこの頃


彼の匂いは心の底から安心する。


綺麗に折り畳んで、頂いた当時からずっと同じコンビニの小袋に入れて


時には御守り代わりに持ち歩いていましたが、


小袋が最近裂けてしまい匂いが薄れていくのが早まるのが嫌で、


新たにドコモのしっかりしたビニールの小袋に入れ直しました。


もうやがて50代も目前ですのに、やっていることはまるで中学生のようです。




この一週間は添付された写真も沢山でしたし、ラリーのようにメールも続いた日もあったのです。


平日仕事中はさすがにくれませんが、出先への移動中車窓からの景色の写真と短い文を送ってくれることがたまにあります。


彼の日々まめな思い遣りのメールのおかげでなんとか遠距離で逢えなくてもがんばれています。


週始めに少し遠くへ出張だった彼


それは私たちが初めて出会った場所がある県


彼からメールをもらって、


「⚪︎⚪︎に出張で行っているの?いいね。私もいつかまたゆっくり行きたいです。」と書いて返信したら


彼が、


「 「いつかまたゆっくり行きたいです。」一緒にね。妄想^ ^」と返信が。


嬉しすぎて泣きたくなった


私が凄く好きな事知っているのか知らないのか、大好きな彼の美しい手が写りこんでいる写真、天気のいい日に撮ったモノレールの車窓からの景色、これは窓ガラスに彼の頭のシルエットが写っている、


そして一昨日は駅のホームから撮った川べりの風景、ここは春に一緒にお花見に行った場所。行った時は一分咲きもしていなかったのだけど 苦笑


青青とした桜の並木...


彼「夏もいいでしょ。懐かしいね。」



私は花の中で桜が一番好き


春も夏も秋も冬の桜も大好きです。




気が緩むとふと寂しさで大声で泣きたくなるような澄んだ秋空



なにがあっても桜の樹のようにおおらかに強く美しく凛として生きてゆきたい。


彼に出逢えて良かった


再会出来て良かった



(^-^)