satoのブログ

婚外恋愛

休暇明け独り言

夏季休暇が終わり仕事も昨日から通常モード。


お休み後半は深海の底の住人になってしまいましたが、今回は彼が無意識に⁈陸から引き上げてくれ、なんとか浮上出来ました。


不思議なもので、以心伝心というのかお互いに同時期に同じようなことを考えていたり、黙っていても私が落ち込んでいる時は彼からいつもは聞けないような温かい言葉があったり...


彼と私の間には「偶然」が割と多い気がするのは気のせいでしょうか。。


先日の逢瀬の時も、二人同じ日に同じようなものを購入しようとしていた(私は購入)ことが分かり、彼がかなり驚いていました。


「さと、それ本当なの? 俺とさとの間には絶対何かあるよ。(偶然が多すぎる)」とよく彼は言います。


気のせいでも嬉しいです。(^-^)





深海に潜っていくきっかけになったのは、彼の何気無い一言。


その言葉で私が沈んでいくことを彼は知らない。


でも振り返れば私は毎年その言葉で落ちていた。


一年めはショックのあまりお付き合いをやめると言ってしまった


出張先で私からの突然の別れ話に動揺し、会食も心ここに有らずで、大変だったと後日言われました


二年めも似たようなかんじ。


ちょうどその頃に読んでいたWのブログ主さんが彼氏さんに別れを告げるという記事を読み、愛読者だった私も彼に別れを告げてしまったという...(恥ずかしい。)


でも当時は真剣でした。


その時は新幹線に乗っている彼と仲直り。


新幹線の連結部でずっと私の話を電話で聞いてくれました。涙


三年めはただただ一人で泣いた




奥様とお子さんたちが交わる家族ワードは未だに苦手な自分を再確認しました。




だからと言っても彼の大事なご家族。


もしかしたら彼も逆の立場で、私発信の家族ワードにモヤモヤすることもあるのかもしれませんし、


お互い様なのかもしれません 涙


頭では分かっても心がどうしてもついていけなくて時折ものすごく苦しくなります。



自分の心が落ちつくワードを拾い集めてバランスをとってゆくスタンスはずっと続きそうです。


考え過ぎてもどうにもならない。


「答え」は多分ない



なるようになるし、なるようにしかならない。


昨日は沢山の写真と長文メールを送ってくれた彼。


今朝はいつも通り私らしく返信しました。(^-^)



彼のお盆休みも残すところあと少しです。(^-^)