大切ないつも通りの日々

久しぶりの投稿となります。

一週間もすると3月ですね。

今月初旬に長年可愛がってきたペットが虹の橋を渡って。

この子が身近にいてくれないことが思いの外ショックで、なんだかぽっかり穴があいてしまったような毎日。

それでも日々時計の針は進んでいくわけで...

いつまでもくよくよしていてはいけませんね...


彼とは、いつも通りのメル友の日々。

何のルールも決め事もない私と彼です。

メールも日に一往復だったり、何日もなかったり、かと思えば何往復もしたり。


彼からのメールはほとんど最後に「またね。」と、夜遅くですと「おやすみ😘」が書いてあります。


最近「またね。」がないことが多かったり、「おやすみ」に😘がついてなかったりして、

ただそれだけのことで弱気になってしまうことも時々あり...苦笑

彼と四年近く経つのですが、あぁ自分は、まだまだだなぁと。


それに比べ、彼は安定の安定。

ただ仕事に今忙殺されているので、年も年ですし体調に気を付けて元気でいて欲しい。




話は変わり

ものすごい不連続線ではありますが、

婚外恋愛ブログを書き始めて来週で2年になります。

色んな理由で私は何度かアカウントを消してしまっています。

自分の都合で勝手して申し訳ない気持ち。後悔や色んな気持ちがあります。

以前書いた記事が残っていないのも寂しいことのひとつです。

彼との逢瀬。

その時その時の情景は思い出せはするものの、その日の気温や見過ごしてしまいそうな小さな発見

忘れたくない言葉

クリーニングされたワイシャツについていた奥様の名前のタグとか...


細かいところを忘れていることが多々あるのです。

勿論自業自得です...


今こうして彼の心が近くにあると感じられていることが一番大切なのかな。


以前も書きましたが、

ブログを書けるということ、読んでいただけるということ本当に感謝です。

どんなに心強いかわかりません。

毎年この時期が来ると、

何もかもが初めてで一分一秒刻みで気持ちが上げ下げしていた頃を思い出し胸が詰まります。

お陰様でいまは比較的安定しておりますが、

これからはお互いの環境の変化、健康面や年老いた家族の事などなど、今までとは少し異なることを一つ一つ乗り越えていかなければと、いうかんじです。

やはり、かなり遠いいですので...

ですが距離は関係なく

普通の家族のようには...何かあっても駆けつけたりお世話したり出来ませんし...

自分の気持ちにどう折り合いをつけてゆくのか...


ともあれ、

一番欲しかったのは彼の心。

心を寄り添えあえ、近くに彼を感じられるのが幸せなこの頃です。


最近、願いごとを声に出しています。