satoのブログ

婚外恋愛

暑かった夏の日

昨年の初夏、降って湧いたように実現したデート


なんと急遽彼の街に二泊三日で出張することになったのです。


私の仕事は出張はほとんどありません。


夢のような出来事でした。


時間を捻出しての数時間の逢瀬


逢えたのは日曜日の夕方


彼の住む街=私のホームタウン


待ち合わせは仕事で行く場所の隣の駅


なのに、住んでいた頃にも降り立った事もないエリアで、迷子になる私⤵︎


貴重な時間、一分でも早く会いたい。一分でも長く彼と一緒にいたい。


携帯片手に冷や汗をかきながら待ち合わせ場所に着きました。


彼と何秒も変わらず同時刻に。


しかし彼は目の前にいる私に気がつかない。


焦る。


あとから聞いたら、私の姿が風景の一部になっていたと、良くわからない説明を彼にされました。


何メートルも離れていない。ようやく気づいて超笑顔の彼



人目もあって抱きつきたいのを我慢し

二人クールに歩き出す。


色鮮やかな長袖シャツにチノパンの彼


スーツ姿に見慣れていたから とても新鮮。


後ろから見たら20歳は若く見えるなぁなんて思いながら彼のほんの少し斜め後ろを歩く。


部屋に到着。


リニューアルして間もない清潔感のあるビジネスホテル。


こういう部屋落ちつく...と思いながら、クーラーで冷んやりした白いシーツの上に横たわる。


大好きな彼の体温。


彼のキスは死ぬほど好き。


幾度も書いてきたけれど、ベッドに横たわって、彼の顔を下から見上げるのも好き。


好きなところばかり。


明るい部屋。


彼は絶対暗くしない。


瞳の奥から優しくて


愛されているのを実感するとき



そのうち、壁越しに隣の部屋からトントンと二回。ごめんなさい。



お互い落ちついて、レースのカーテンの向こうが暗くなっているのを見ながらおしゃべり。




この時間が好き。





気づけば二人お腹がペコペコ


晩御飯を食べに外へ。


ホテルから駅に向かう途中にあったお店。


お野菜中心にメニューを注文。


こんなに食べれるの⁈と驚くほどの量でしたけれど二人で完食。


いつもですと、久しぶりの逢瀬は毎回初日は緊張して食事も喉を通らないですし、テーブル席で向かいあうのも苦手なのに。


美味しく楽しく、緊張もしないで彼と向き合って食事をした貴重な晩御飯 笑





と、ここまで書いて


先日の記事で触れました「記憶が飛んでしまっていたデート」です。


今日のような快晴で暑かった日


食事を終えた後、彼は家に帰り、私はホテルに戻りました。


翌日は彼がなんとか時間を作ってくれて、スタバで夜景を見ながら小一時間過ごし


大混雑の駅、路線が違う彼がホームに降りるのを後ろからぼんやり見送り


姿が見えなくなる間ぎわ、人混みの中でこちらを振り返り思い切り笑顔で大きく手を振った彼。。



こうして書いていると彼に無性に逢いたくなってしまいます。







メールで繋がっている日々・・・


先日は彼からのメールになんと赤い♡がありました。


初めてです。


とてもびっくりしました。




うれしくてうれしくて。


疲れが吹っ飛びました。




彼が元気でいてくれますように。


一日も早く彼に逢えますように。