惜しみなく愛を...

今日の記事は不本意ながら少し暗い内容を含みます。

スルーされる方はスルーをお願いいたします。

------------------------------------------------











今日は私の大好きな立春。

甘酒でもいただきながら「立春」という題でブログ記事を書きたいなと少し前から思っておりました。

厳しい寒さのあとに訪れる春を心待ちにする。

寒さが厳しければ厳しいほど、訪れる春はきっと暖かい。





今日、長年家族同様だったペットを看取りました。

高齢でしたから心の準備は出来ていました。

安らかな最期でした。


関わる諸々のことをこなし、家事も最低限にして、早めに自室にこもりました。


部屋で一人になって思ったこと。

人生なにがあるかわからない。

この関係がある日突然始まったように。

まだ数十年生きるつもりだけれど、この先、明日すら絶対に生きているという保障はない。

万が一自分が先だって残された家族が私の秘密を知りショックを受けないように。また彼や彼のご家族も傷つけることがないように、危機管理再度見直す。

手帳や写真、お手紙など....の整理、処分。


それと...

いつ何があっても後悔しないように、

当たり前と思わずに彼との時間を大事にしたい。

メールももっと心を込めて彼に送りたいと思います。

最初の頃の気持ちを思い出して。