冬至も過ぎ 年の瀬。

12月29日...

平成最後の年の瀬...

とても感慨深いものがあります...


昭和が平成に変わった日のこと

今でも鮮明に覚えています。

ものすごく寒い曇りの日

私はまだ大学生でバイト帰り、

年号が平成に決まったという新聞の号外を駅の近くでもらって...

ピンとこない「平成」という文字...

「号外!号外!」と叫びながら号外を無料で配布する人たち...

生まれて初めてもらう号外...



それから、卒業、入社、

入社した年の晩夏に彼と出会って、

やがて別の人(いまの主人)と結婚、寿退社、出産...


子育てが落ち着いた頃、ある日突然彼が遠路私を訪ねてきました。。。


そこから私たちははじまりました。


何もかもがお互い初めてのことでした。


逢えるのも年数回。

ツールのメールは未だにお互い敬語使い。。

彼は...今年の初夏、お母様に何となく私の存在をぼかして話したのだそうです。。。

彼のお母様、悲鳴をあげてたのですって。

それはそうですよ。分かります。

でもそんなこと、私に言わないで欲しかった。


でも、

彼が大好き。

ただ、それだけなのです。。。


当たり前のことですが、このカテゴリーですので書けないことが沢山あります。


読んでくださって

ありがとうございます。

感謝しています。


そして、彼へ。

いつもありがとう。



皆さま 良いお年をお迎えください。







....................,..........................................

....

追記です。


上記の記事は忘年会帰りで深酒して書いており、書き足りないことが沢山あります。もう一つ記事を新たに書こうかとも思いましたが、もう年の瀬のご挨拶もしておりますし、このような形で失礼いたします。




前記事三連休のち、主人も出張先から沢山のお土産を抱えて帰宅しました。

そして続いて子供たちも帰省。

一年色々なことがありましたが、大病もせず健康で過ごせること有難いなと思います。

今年は長年可愛がっていたペットが虹の橋を渡り、しばらくはペットロス、さらには新年度から仕事が二倍に増え体力勝負の毎日。高ストレス状態で心身少し辛い日々でした。

春から取り組んでいた仕事が秋にひと段落し、私も落ち着き、一つ一つ体制を立て直しています。春になれば、また仕事も一つになりますので、もう一踏ん張りです。

そのようななか、支えてくれた彼、そしてブログの存在にどれだけ助けられたかわかりません。本当にありがとうございました。

また気になるお友達も幾人かおりまして、穏やかに新年を迎えられますように心から願っています。大晦日に。さと