躊躇いの心を解き放つ...

それでもやっぱり

切なく虚しく遣る瀬無い毎日



最後に逢ってから3カ月が経ち、

それが

長かったような短かったような...



ようやく年末には逢いに行けそうな目処はたちました。。

逢えば情熱的に愛してくれる。

私の身も心も安定する。

遠い遠いところにいる主治医に診てもらいに行くような感覚





瞼が落ちるほど泣いた時期は過ぎ、

考えすぎて悩むだけ悩んだ時期も過ぎた。


吹っ切って開き直って楽しもうとした時期も過ぎました。


お別れのメールも数え切れないほど書いて、実際に出したのはこの四年で4、5通。

もう楽になりたいと何度も衝動に今でも駆られて。

でも、お別れプレイだけはしないと心に決めました。

彼の心はここにあると分かったから。

はじめの頃は慌てふためいていた彼も最近は動じなくなった。

それでも

ぶれない動じない彼をずる過ぎると思ったり、

でも、安堵の気持ちが大きかった。


一番欲しかったのは彼の気持ち。

もう十分過ぎるくらい受け取りました。


自分次第...


躊躇いの心を解き放てたらいいのに。