女子会

先日、二十○回めの結婚記念日が静かにきました。

薬指のリングの裏の刻印も長い歳月で消えてしまっていますし、主人ももうすっかり忘れています。

それでいいのです。

結婚ってなんだろうなと思ったりもして。

でも今こうしてとりあえずなんとか元気にいられて、色々なことに感謝の日々です。

私の実家は両親の仲が良くなく、母の「あなたたち(私と兄弟)の為に離婚はしない。」という言葉が子供ながらに苦痛でしたし、おまけに祖父は祖母の他にもう一人女性がおり、亡くなった際には葬儀が二度行われたりしていましたから、結婚にまるで夢がありませんでした。

絶対に結婚なんてしないと思っていましたのに、私に主人と子供がおり、

彼も...いる。

自分でもびっくりです。

人生は本当に何が起こるかわからない。


最近仲のいいママ友達とよく女子会をするのです。

ママ友皆、子供たちが進学や就職などで巣立っていて、主人と二人の生活。

配偶者とは会話がほとんどなく、飼い猫や犬とおしゃべりしている。


酔うと決まって出る話がありまして、

これからの時間は自分の為に大事に使いたい、

子供の為に離婚しないと言う選択肢は避けたいということ。

離婚してもママが元気な方が子供たちは嬉しいよね。と。

現実は、離婚は簡単に出来るものではないですけども。

自分の人生は自分のもの。


置かれている環境はそれぞれ異なるのに、ママ友達は同じようなことを考えているのがわかりホッとします。苦笑


あ、自分だけじゃないんだと。



...平成最後の夏です。