心のままに

✴︎重い記事になってしまいました。スルーされる方はスルーをお願いします。










その日彼は出張で目的地までかなり時間がかかるようでした。


前の日から「明日はさとに沢山メール出来るよ〜。」なんて言っていましたし


移動だけで午前中費やしたようで、一時間おきくらいに「イマココ、、」という感じで車窓風景などを添付してメールが来ていました。


途中私の実家がある駅を通ったらしく、駅の様子を何枚も送ってくれて、


思わずホームシック。というかメランコリーな気持ちになる私。


メールも十往復を超え、いつもは彼にメールでは敬語の私も少しくだけて返信していました。





彼の仕事がスムーズに行き帰路についた頃


安堵からかオヤジギャグを連発する彼。






。。。私はいつも彼へのメールは事後報告型で、それでなくても遠いいし心配かけたくなくて、体調不良も家庭内の諸々も一定期間置いて落ちついた頃、実はこうこうだったのだけど元気になったよ、家庭内でこうこうで落ちこんでたのだけど彼からのメールで元気になったよ!


というかんじで返信して、吐き出していました。




その日も、彼のオヤジギャグで私の心は溶け




「実はね、これこれこんなことがあって落ちこんでいたのだけれども、◯◯(彼の名)のオヤジギャグで超元気になったよ〜〜ありがとう。」


と返信したところが、



彼から


「実は私も・・・」


と、詳しいことは書けないのですが、彼の家庭内のかなり深刻な状況が書かれていました。




号泣しました涙





私も心配かけないように明るくメールしていたけれど、


彼も彼なりに気を遣って私にメールをしてくれていたのですね





状況は重たくて

「奥様の支えになって下さい。」と返信しました。





それから まだ幾日も経っていなくて


私の心も今正直ふわふわしておりますが、、、





ごめんなさい 心のままに

そのときそのとき自分が最善だと思う選択肢を

進んで行きたいと思っています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。